FC2ブログ

こうの内科クリニックブログ

愛媛県松山市余戸西の内科クリニック

読書

読書が好きです。ジャンルは問いませんが、特にハードボイルドをよく読んできました。自分にないもの、不可能なことを小説の中に求めるのかもしれません。レイモンド・チャンドラー、藤原伊織氏、北方謙三氏、大沢在昌氏などの作品をよく読みましたが、特に大沢在昌氏の新宿鮫シリーズ、北方謙三氏の各シリーズは読破しています。北方謙三氏は1990年代後半から歴史小説、特に中国史小説に趣向が変わっていったため遠ざかっていましたが、最近久しぶりに彼の作品を読みました。

日向景一郎シリーズ
シリーズ1から5まである江戸時代を背景にした剣豪小説です。何気なく図書館でシリーズの一冊を借りてから残りのシリーズも一気に読みました。

寂滅の剣 シリーズ5
本
日向景一郎は必殺剣日向流をつかい鬼神の如く強いのですが、40歳を迎えたシリーズ5では少しずつ体力の衰えを感じるようになります。逆に20歳を目前に控えた弟、日向森之助は日々成長していきます。森之助が20歳になったら兄弟で生死をかけた対決を運命づけられている二人。

自分は森之助に勝てるのか?

自分が兄に勝てるわけがない。いや勝てる?

滅び行く日向流をつかう剣豪2人を描いた、これは間違いなくハードボイルド小説です。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://konoclinic.blog.fc2.com/tb.php/6-b0c3db9e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)